HOME > ZEHゼッチの住まい
ゼロエネルギー住宅ZEH

ZEHの住まいは省エネ・快適・未来の形。

日本の住まいと住まい方が変わろうとしています。それが、住宅の本格的なゼロ・エネルギー化への取り組み。



平安アーキテクトのmamaka




※平成29年10月1日以降ご契約分よりの仕様です。



ZEH(ゼッチ)ってなに??

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに務め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅のことです。



結露の抑制■これからの住まいのスタンダードZEH(ゼッチ)
そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。 政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

ZEHの家を建てるには?

発電する量が、消費エネルギーを上回るゼロエネルギー住宅。「省エネが難しそう」と感じられる方もいるかもしれませんが、普段特に省エネを意識していないという方もいらっしゃいます。住宅の断熱性を高め光熱費を削減しやすくする、といった工夫をご提案します。



ゼロエネルギー住宅ZEH

例えばこんな設備を使ってZEHハウスを建てます。

未来の暮らしを叶える、最新の技術とアイデア(掲載の設備は一例です)



ゼロエネルギー住宅ZEH

ZEHには補助金が交付されます。


結露の抑制■住宅の性能アップ費用に対して75万円の補助金
新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。また、既存戸建住宅の場合、申請時に申請者自身が所有していることが条件で、登記事項証明書の提示が求められることがあります。建売住宅ならば、その家を購入する予定の方が申請者とならなければなりません。

太陽光発電は環境にも家計にも優しい!

太陽光発電システムは、最初の購入設置費用こそ「高い」のですが、その後に発電した電気を電力会社に売ることで、現金収入を得られるというメリットがあるのです。これを「売電収入」といい、今では多くのお客様は8年ほどで初期費用を取り戻すことができると言われています。



ゼロエネルギー住宅ZEH


ページの最初へ