HOME > 平安アーキテクトのゼロエネルギー住宅ZEH

6年連続受賞


ゼロエネルギー住宅ZEH

これからの住まいのスタンダードZEH(ゼッチ)

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。 経済産業省資源エネルギー庁の「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
年間エネルギー使用量が正味ゼロとなる暮らし、それがこれからの住まいのスタンダードとなりそうです。

ゼロエネルギー住宅ZEH
ZEHイメージ

ZEHには補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。

平成29年度は、住宅の性能アップ費用に対して70万円の補助金が交付されます。 これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。
ZEH補助金を受けられる家は、「申請者が常時居住する住宅」であることです。また、基本的に専用住宅であることも必要です(一部に店舗などが組み込まれる場合は条件がつきます)。賃貸住宅や集合住宅は対象外となりますが、その一部に申請者が居住する場合は、要件を満たすこと・自宅部分の申請であることという条件で認められることがあります。

また、既存戸建住宅の場合、申請時に申請者自身が所有していることが条件で、登記事項証明書の提示が求められることがあります。建売住宅ならば、その家を購入する予定の方が申請者とならなければなりません。



ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに務め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロとなる住宅。

年間で消費するエネルギーが正味で概ねゼロ以下

ZEHの定義・評価方法

今後数十年〜半世紀にわたり住宅分野における省エネを確保し、優良な住宅ストックを形成するためには、竣工後に抜本的改善が困難な躯体の高性能化が重要です。
そこで、省エネ基準を強化した高断熱基準をZEH基準として設定されました。

外皮熱貫流率(UA値)の基準


ZEHの「高断熱基準」を満たした上で、快適な室内空間を保ちながら、エネルギーを上手に使うためには、空調設備、換気設備、照明設備、給湯設備等の高効率化が重要です。
躯体の高断熱化と設備の高効率化により、省エネ基準よりも20%以上の省エネをZEH基準として設定しています。

高効率設備


スーパーエアロテクトでZEH基準を実現します

平安アーキテクトの独自工法「スーパーエアロテクト」なら、空調にかかるエネルギーを大幅に抑えることができるので、ZEH基準も楽々クリアします。

24時間、すみずみまで快適な空気と空間づくり。スーパーエアロテクト






高断熱・高気密の家だから少ない熱エネルギーで家中快適に。





スーパーエアロテクトの特徴



ページの最初へ